未分類

暑さと体調不良が原因

今や、車無くしては社会が成り立たないほど車は必要不可欠になっています。通勤や通学、あるいは買い物やレジャーなど車を運転する機会はあらゆるところにあるのです。つまり、交通事故の危険は私たちに常に付き纏っているのです。

交通事故は、季節を問わず起こるものですが、それでもその季節ごとの特徴というものがあります。では、暑い夏の交通事故の特徴とはどんなものなのでしょう。夏は暑さが交通事故に繋がるケースが多くなります。車内にはエアコンがついていますが、それでも快適と言えるほど涼しいわけではありません。ドアの開け閉めをすると、一瞬で熱気が車内に入り込んできます。こういった時に気を付けるべき点は、熱中症です。運転中に意識が朦朧としたり、吐き気がしたりと、自分では気が付かないうちに、熱中症になっていることもあるのです。

他にも、暑さは体力をどんどん奪っていきます。夏は疲れやすい季節とも言えます。そのため、集中力の欠如や身体のだるさによる居眠りなどが起きやすくなるのです。夏は、こうした体調不良による影響が運転に出やすいのです。普段と同じように運転していても、身体は普段とは違うことがあります。暑さは思わぬ事故を招くのです。充分に注意してください。