未分類

夏に起る交通事故

車を運転する以上、交通事故の危険性とは常に隣り合わせです。365日24時間、いつどこで交通事故の被害に遭うかわかりません。交通事故には原因となるものが必ずあります。その原因についても、季節ごとの特徴があり、その季節ならではの事故が発生しやすくなるのです。このサイトは、そんな季節の中でも特に夏の交通事故について説明します。

夏と言えば暑さです。昼も夜も暑さが続きます。暑さのため、寝不足になったり、あるいは夏バテのように体力が極端に落ちたりします。こういったときは、集中力がなくなりちょっとした隙に事故を起こすことがあるのです。また、運転中に熱中症になることも考えられます。少しでも体調がすぐれないと感じたら、すぐに車を停めて休憩してください。このように、夏はその暑さが原因で事故に繋がるケースがあるのです。

夏はまた、人が多く出る季節でもあります。夏休みや、花火大会に夏祭りなど、夜遅くまで歩行者が道に溢れることになります。そういった場所を通る際は、特に注意しましょう。中には、酔った歩行者もいますから、思いがけない行動をとることもあります。できるなら、細い道は避け、歩道がある広い道路を通るようにしてください。また、昼間は子どもが道で遊んだりもします。建物の陰から突然子どもが飛び出してくることも考えられます。夏の交通事故の特徴としては、これらのように体調不良からくるものと、歩行者が増えることによる人身事故があります。開放的になりがちな季節。慎重な運転を心がけましょう。