未分類

歩行者が増える時期

夏はとにかく解放感のある季節。気分が高まり、いつもよりも運転が荒くなったり、スピードを出し過ぎたりしがちです。一時不停止や信号無視は夏に起りやすくなります。こういった行為は直接、交通事故に繋がるものですから、大変危険な行為と言えます。

また夏は日が長いため、夕方以降も交通量が落ちず、歩行者も多いものです。そのため交通事故が起こる確率は高くなり、その上、薄暗い逢魔が時と重なるとさらに危険は高まります。一日の終わりで、ほっと気が緩む時間帯でもあります。夏の夕暮れは事故を起こす要因が幾つもありますから、特に注意が必要です。

夏の特徴として、夏休みを忘れてはいけません。つまり、子どもが道に出ることが多くなるのです。路側帯をはみ出しての通行、あるいは死角からの飛び出しなど、子どもは予測不可能な行動をしてきます。特に交差点などでは徐行し、危険を想定した運転が必要となるのです。また、夏祭りなどで暗くなってからの歩行者も多いため、暗い道での運転にも気を付けなければいけません。中には酔った歩行者もいます。歩行者の多い道を避けるのも一つの手段でしょう。このように夏は、あちこちに交通事故の危険が潜んでいます。いつも以上に慎重な運転を心がけてください。

未分類

暑さと体調不良が原因

今や、車無くしては社会が成り立たないほど車は必要不可欠になっています。通勤や通学、あるいは買い物やレジャーなど車を運転する機会はあらゆるところにあるのです。つまり、交通事故の危険は私たちに常に付き纏っているのです。

交通事故は、季節を問わず起こるものですが、それでもその季節ごとの特徴というものがあります。では、暑い夏の交通事故の特徴とはどんなものなのでしょう。夏は暑さが交通事故に繋がるケースが多くなります。車内にはエアコンがついていますが、それでも快適と言えるほど涼しいわけではありません。ドアの開け閉めをすると、一瞬で熱気が車内に入り込んできます。こういった時に気を付けるべき点は、熱中症です。運転中に意識が朦朧としたり、吐き気がしたりと、自分では気が付かないうちに、熱中症になっていることもあるのです。

他にも、暑さは体力をどんどん奪っていきます。夏は疲れやすい季節とも言えます。そのため、集中力の欠如や身体のだるさによる居眠りなどが起きやすくなるのです。夏は、こうした体調不良による影響が運転に出やすいのです。普段と同じように運転していても、身体は普段とは違うことがあります。暑さは思わぬ事故を招くのです。充分に注意してください。

未分類

夏に起る交通事故

車を運転する以上、交通事故の危険性とは常に隣り合わせです。365日24時間、いつどこで交通事故の被害に遭うかわかりません。交通事故には原因となるものが必ずあります。その原因についても、季節ごとの特徴があり、その季節ならではの事故が発生しやすくなるのです。このサイトは、そんな季節の中でも特に夏の交通事故について説明します。

夏と言えば暑さです。昼も夜も暑さが続きます。暑さのため、寝不足になったり、あるいは夏バテのように体力が極端に落ちたりします。こういったときは、集中力がなくなりちょっとした隙に事故を起こすことがあるのです。また、運転中に熱中症になることも考えられます。少しでも体調がすぐれないと感じたら、すぐに車を停めて休憩してください。このように、夏はその暑さが原因で事故に繋がるケースがあるのです。

夏はまた、人が多く出る季節でもあります。夏休みや、花火大会に夏祭りなど、夜遅くまで歩行者が道に溢れることになります。そういった場所を通る際は、特に注意しましょう。中には、酔った歩行者もいますから、思いがけない行動をとることもあります。できるなら、細い道は避け、歩道がある広い道路を通るようにしてください。また、昼間は子どもが道で遊んだりもします。建物の陰から突然子どもが飛び出してくることも考えられます。夏の交通事故の特徴としては、これらのように体調不良からくるものと、歩行者が増えることによる人身事故があります。開放的になりがちな季節。慎重な運転を心がけましょう。